ガーナ栄養改善プロジェクトが「JICA(日本国際協力機構) 理事長表彰」を受賞!

ガーナ栄養改善プロジェクトが「JICA(日本国際協力機構) 理事長表彰」を受賞!

2009年に味の素社が立ち上げ、現在は公益財団法人味の素ファンデーションが推進しているガーナ栄養改善プロジェクトが「第13回JICA理事長表彰」を受賞し、10月3日に表彰式が行われました。

JICA理事長表彰は、開発途上国・地域において経済・社会の発展、住民の福祉の向上などに大きく寄与した事業および専門家、コンサルタント、ボランティアなどの個人に贈られます。

ガーナ栄養改善プロジェクトは、「食を通じた栄養改善を、事業として企画・開発して、主体的にパートナーやドナー※1を巻き込んで効果的な活動を推進している稀有な事例である」と評価されました。

※1 JICAやガーナ大学など、政府機関をはじめとした現地のステークホルダーや、NGO・国際機関・企業。

【関連リンク】 https://www.jica.go.jp/press/2017/20170926_01.html

Top