ふれあいの赤いエプロンプロジェクト

被災地復興応援事業(東北復興応援 健康・栄養セミナー「ふれあいの赤いエプロンプロジェクト」)

プロジェクトの概要

東日本大震災で被災した東北をはじめとした被災地域において、食を通じた生活の改善と被災地のコミュニティづくりに貢献することを目指しています。

東北3県での「健康・栄養セミナー」は、被災後の仮設住宅で顕在化していた健康・栄養課題やコミュニティの希薄化という課題への取り組みとしてスタートしました。
住民の方々が集まって調理をし、おいしい料理を囲み、語り合っていただく場を提供することで、皆様の心と体の健康づくりを応援したい、との思いを込めています。

その企画運営については、地元のさまざまなパートナーとの協働を得て実施をしています。

セミナーのメニュー・レシピは①地元で簡単に入手できる食材を使うこと、②簡単に調理できること、③減塩などに配慮した栄養バランスが良いメニューであること④そして何よりもおいしいこと、を基本に月替わりで提供しています。

これまでのメニュー・レシピ

2017年度 2018年度
2017年4月 2017年10月 2018年4月
2017年5月 2017年11月 2018年5月
2017年6月 2017年12月 2018年6月
2017年7月 2018年1月 2018年7月
2017年8月 2018年2月 2018年8月
2017年9月 2018年3月 2018年9月

3つのセミナー

健康・栄養セミナーは、それぞれのコミュニティ住民の方々のニーズに合わせて、大きく3つに分類して、応急仮設住宅や公営住宅、保育所などで実施しています。

健康・栄養セミナー(一般向け)
健康・栄養セミナー(一般向け)

1.一般向け健康・栄養セミナー

男性向け健康・栄養セミナー「男の料理教室」

2.男性向け健康・栄養セミナー「男の料理教室」

幼児向け健康・栄養セミナー「あじのひみつ授業」

3.幼児向け健康・栄養セミナー「あじのひみつ授業」

これまでの実績

本セミナーは2011年10月からスタートし、現在まで継続しており、3県47市町村において、開催のべ3,550回、応急仮設住宅や災害公営住宅の住民参加のべ48,825名、ボランティア参加のべ3,075名となりました(2018年3月時点)。

これまでの実績
Top